contact_fix

インプラント・入れ歯

歯を失ってしまったら。

歯を失ってしまったら イメージ画像人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。そのため、今までは義歯(入れ歯)などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしかその部分を補う事はできませんでした。

しかし、義歯(入れ歯)だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。このように、歯を失ってお悩みの方にご提供することができる、最新歯科医療の治療方法がインプラント治療(人工歯根)です。

他の治療方法との比較。

他の治療方法との比較 イメージ画像インプラントは失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためにガタついたりせず、自分の歯のように若々しく力強く噛めるようになります。

ブリッジ

ブリッジは、義歯を固定するため、健全な両隣の歯を削る必要があります。しかしインプラントは、健全な歯を傷付けることなく治療できます。


部分入れ歯

部分入れ歯には、他の歯と固定する金具やバネの必要になってきます。そのため、他人に違和感を与えかねません。また取りはずしのため、引っかけている歯に栓抜きの効果が働いて歯がグラグラするなどのトラブルが生じます。


総入れ歯

インプラントは骨にシッカリ固定されているので、食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まることはありません。入れ歯が合わなくなったり、ずれたり浮いたりする事もありません。

インプラントは天然歯に近い噛み心地。

インプラントは天然歯に近い噛み心地 イメージ画像インプラントの最大のメリットは天然歯に近い噛み心地です。入れ歯やブリッジは歯の表面への治療方法であるのに対し、インプラントは根元からの治療です。噛み心地は歯根に直接伝わり、力強く噛むことができます。

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと音を立てて食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、あの嫌な痛みからも解放されます。噛む力が均等になり、ご飯もおいしく食べられるようになります。

また、部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要もありません。普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も美しいので、思う存分口を開けて笑い、会話を楽しむことができます。歯周病などで歯を失ってしまった方、入れ歯に満足してない方はぜひご相談ください。

ソフトデンチャーと金属床義歯の比較

インプラントは天然歯に近い噛み心地 イメージ画像ソフトデンチャーは付け心地と審美性が高く、軽さが特徴です。金属床義歯は金属を使用しているため強度があるほか、保険の義歯よりも薄いため喉の奥につかえることもあまりありません。そのほかにも様々な特徴がありますので、以下で比較いたします。自由診療の入れ歯にご興味があり、いればの種類で迷われている方は参考にご覧ください。

ソフトデンチャー 金属床
見た目 金属を使用していないため、目立たない 審美性はソフトデンチャーにはやや劣る
フィット感 顎堤にしっかりフィットし違和感がない 保険の入れ歯よりも適合性に優れている
強さ 弾力性の高い材質で壊れにくい 頑丈に仕上げることができる
重さ・厚さ 保険の入れ歯の半分の重さで、より薄い 保険の入れ歯よりもかなり薄くて軽い
食べ物 お餅やガムがくっつかない 温度を感じることができる
アレルギー 金属アレルギーの心配がない チタン床であれば、アレルギーの心配はほぼない

CONTACT

24時間診療予約