contact_fix

矯正歯科

矯正治療とは?

矯正治療とは? イメージ画像矯正治療は、見た目の美しさや素敵な笑顔はもちろんですが、歯の口腔内や全身の健康を維持するために行っていくのです。なぜ矯正歯科が必要と言われているのか、様々な理由が挙げられます。

  • 食べかすが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい
  • よく噛むことができず、胃腸に負担をかける
  • 噛み合わせが悪く、顎の成長・顔の形にも影響が及ぶ
  • 口元がコンプレックスになり、気になってしまう
  • 歯並びが悪く、発音がしにくい
このように様々な理由を解決する事が出来るのが矯正歯科なのです。費用が高く感じられるかも知れませんが、虫歯や歯周病に間違いなくなりにくくなりますので、トータルな費用や通院時間を考えますと、費用対効果はかなり期待できます。

矯正歯科の流れ

矯正歯科は、一般的にゆっくりと時間をかけて歯列を正常な位置まで移動させるという治療です。正しい噛み合わせが得られるため、しっかりとスケジュールをたてて行います。

※ここでご紹介する治療スケジュールは一般的なものになりますので、目安として考えてください


初診相談

初診相談 イメージ画像現在の歯並びについて、問題点や気になる点・お悩みなどをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・費用・期間などをお話します。

精密検査

精密検査 イメージ画像診断に必要な頭蓋骨全体のレントゲン・歯並びの模型・写真などを資料として撮影・制作します。また、患者さまの状態によっては、顎関節をチェックしたり、顎の動きの機能検査なども行います。

歯みがき指導とクリーニング

歯みがき指導とクリーニング イメージ画像治療中に虫歯や歯周病にならないように予防処置をします。また、すでに虫歯がある場合、矯正治療が始まる前に治療を行います。

動的治療

動的治療 イメージ画像段階的に治療を進めていきます。装置の装着後は3~4週間ごとで定期的に来院して様子をみながら進めていきます。 ※治療期間は、患者さまの歯列の状態によって大きく異なります ※歯みがきなどのホームケアを怠ると、その度に治療を行わなくてはなりません。矯正が長引かないよう、矯正治療中は歯みがきなどのホームケアの徹底をお願いしています。

静的治療

静的治療 イメージ画像動的治療を終えてから噛み合わせが安定するまで約2年間保定装置を使い、移動した歯をしっかりと安定させます。


矯正装置の種類

金属のブラケット

金属のブラケット イメージ画像従来の矯正装置になります。金属のブラケットに金属のワイヤーを装着し、歯を動かします。審美性は他の目立たないワイヤー矯正と比べると劣りますが、費用面では一番安いのがこの金属の矯正装置です。

目立たないブラケット

目立たないブラケット イメージ画像矯正の方法としては、金属のブラケットと同じですが、より目立たないセラミック製のブラケットを使うことも出来ます。ワイヤーは金属製ですが、ブラケットが白くなるだけで、比較的目立ちにくくなります。

裏側矯正

裏側矯正 イメージ画像ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着する裏側矯正という方法もあります。表から見るとほとんど矯正をしていることは分かりません。デメリットとしては、費用が従来の矯正方法よりも高くなることと、治療期間が若干長くなること、慣れるまで発音がしにくいことなどがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正 イメージ画像マウスピース矯正は、マウスピースを装着することで歯を動かしていく矯正方法です。毎日一定時間以上装着し、食事中や歯磨きの間は外して通常通りのことができます。装着をしても透明で目立たないという利点もあります。
ただし、マウスピース矯正は症状が軽症の場合に適応となることがほとんどで、重度の叢生などの場合はワイヤー矯正の方が良い結果が期待できます。

CONTACT

24時間診療予約