contact_fix

まつもとブログ

セラミックの被せ物・詰め物のメリット

2018年8月15日 (水)

カテゴリー:

稲城市矢野口のまつもと歯科クリニックです。

セラミックという材料は歯医者がよく使う美しい治療用の材料として広く知られていて、近年多くの患者さんがセラミック材料の入れ歯を利用しています。セラミックというのは歯科治療で欠かす事ができない非常に重要な材料です。セラミックでできた被せ物や詰め物の特徴・性質についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

 

セラミックの一番の特徴といえばやはり見た目の美しさを欠かす事ができません。セラミックというのは材料としては瀬戸物やガラスに近い材料で、透明感や質感を本物の歯のように作る事ができる非常に便利な材料として知られています。歯科技工士が丁寧に作ったセラミックの被せ物や詰め物はほとんど本物の歯と見分けがつきません。前歯のブリッジや前歯のクラウンだけでなく、下顎の奥歯の詰め物にセラミックを利用すると非常に目立たない自然な治療を行う事ができるので、近年多くの患者さんが利用するようになっています。

 

セラミックというのは材料として美しさを持っているのですが、実は弱点もあるので、利用する際にはしっかりと注意しなければいけません。セラミック材料は実は非常に硬い性質があり、本物の歯よりも硬いので、かみ合っている本物の歯を削ってしまう性質があります。このため、食いしばりがあったり、歯ぎしりがひどい方にはセラミックの利用を勧める事ができず、レジンという樹脂を使った治療や金属を利用した治療を行わなければならないのです。また、セラミックは一度壊れてしまった後の修復が難しいという特徴もあります。かけてしまった部分を戻すのがなかなか難しいということも熟知しておきましょう。


CONTACT

24時間診療予約