トップへ » 診療案内 » インプラント » 他の治療方法との比較

他の治療方法との比較

インプラントは失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

固定性であるためにガタついたりせず、自分の歯のように若々しく力強く噛めるようになります。

●ブリッジをお考えの方
ブリッジは、義歯を固定するため、健全な両隣の歯を削る必要があります。
しかしインプラントは、健全な歯を傷付けることなく治療できます。

●部分入れ歯をお考えの方
部分入れ歯には、他の歯と固定する金具やバネの必要になってきます。
そのため、他人に違和感を与えかねません。また取りはずしのため、引っかけている歯に栓抜きの効果が働いて歯がグラグラするなどのトラブルが生じます。

総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療●総入れ歯をお考えの方
インプラントは骨にシッカリ固定されているので、食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まることはありません。入れ歯が合わなくなったり、ずれたり浮いたりする事もありません。


トップへ » 診療案内 » インプラント » 他の治療方法との比較


文字サイズ
を変更する