contact_fix

まつもとブログ

小児矯正の種類

2018年11月11日 (日)

カテゴリー:

稲城市矢野口のまつもと歯科クリニックです。

 

お子さんの歯並びというのは非常に気がかりなものだと思います。お子さんの歯並びの問題を解決するにはしっかりと歯列矯正治療を受ける事が重要なのですが、矯正歯科治療というのは非常に難しいもので、患者さんからするとよくわからないものだと思います。お子さんの矯正治療についての基本的な情報をみなさんにご紹介いたします。

 

歯列矯正というのは非常に重要な治療で、しっかりと知識を身につけておくと役立ちます。子供の矯正治療ではまず、歯並びの検査から始め乳歯が混ざっている混合歯列の一期治療を行います。一期治療では床矯正という矯正治療を利用したり、場合によってはブラケットなどの矯正治療の器具を利用して歯並びをコントロールします。床矯正は歯並びを改善する上で非常に役立つ手法なので、近年多くの歯医者で利用されています。ブラケットを利用しないことからブラケット周囲に起こる虫歯などのトラブルを不安視する必要はありませんし、ブラケットが原因で起こる口内炎などの問題も解消されています。

 

矯正治療ではこの他にも顎の発育をコントロールするためにチンキャップという下顎の成長を抑える道具を利用したり、フェイスボウというお顔の成長を前の方向に誘導する治療器具を利用してお顔の状態をより健康な状態に保ちます。お子さんの矯正治療で何か不安な事がある場合にはすぐに歯医者に相談して治療を受けるようにしましょう。矯正治療は早期治療が何よりも重要です。小学生の中学年くらいになったタイミングで歯医者に相談し、異常の有無を診断してもらうことをお勧めします。


CONTACT

24時間診療予約