contact_fix

まつもとブログ

集団検診後の歯の治療

2018年10月24日 (水)

カテゴリー:

稲城市矢野口のまつもと歯科クリニックです。

 

みなさんはお子さんの集団検診の活用法についてよくご存知でしょうか。お子さんの学校での集団検診とその後の治療の流れについてよく理解しておくと非常に役立ちます。集団検診を受けるのはお子さんの発育に欠かすことができない非常に重要な存在です。しっかりと基本的な集団検診後の歯の治療について知識を身につけておきましょう。

 

集団検診を利用してお口の状態の把握を行うのは子供のお口の健康を維持する上で欠かすことができません。集団検診で異常が発見された場合には異常がある旨を告げる書類を学校で手渡されると思います。集団検診を受けた後にはこの紙を持って歯医者に出向くことで治療を受けることができます。

 

お子さんのお口というのは大人のお口よりも虫歯になるリスクが高く、大人よりも注意しなければいけません。子供の歯の中でも特に注意しなければいけないのが生えたての永久歯です。生えたての永久歯に虫歯ができてしまった時には治療をしなければすぐに虫歯が進展してしまうことになり、早期に治療を受け、治療が大掛かりになる前に治療をすませることが非常に重要です。

 

子供の間にブラッシングのやり方を身につけ、しっかりと虫歯にならないような予防処置まで受けておくと長期に渡って虫歯の予防が可能になります。集団検診を受けた時に何も問題がないと診断を受けた時でもしっかりと歯医者に出向き、予防処置を行ってもらうことが非常に重要です。歯並びの異常を指摘された時には矯正歯科の治療も必要になることがあるので、しっかりと注意しましょう。


CONTACT

24時間診療予約