contact_fix

まつもとブログ

矯正と虫歯の関係

2018年10月1日 (月)

カテゴリー:

稲城市矢野口のまつもと歯科クリニックです。

矯正治療と虫歯には実は切ってもきれない関係があります。矯正治療と虫歯に関する基本的な知識を身につけておくと役立ちます。しっかりと矯正治療に関する基礎知識を身につけ、虫歯予防に務めましょう。

 

矯正治療を受ける時に気をつけたいのが虫歯です。矯正治療の種類にもよるのですが、矯正治療を受ける時には実は虫歯になるリスクが高くなることが知られていて、矯正治療を続ける時には虫歯に対しての予防を行うことが非常に重要なのです。

 

矯正治療で虫歯になるリスクが非常に高くなるのが、ブラケットを利用した矯正治療です。ブラケットを利用して矯正治療を続ける時にはブラケットの周囲に歯垢などの汚れが溜まりやすくなり、このような状態が継続していると実はブラケット周囲の虫歯が発症してしまうことがあります。虫歯になる原因はお口の中の歯垢という汚れに含まれている細菌です。この細菌は食事の中の糖分を取り込んで酸を作る働きがあり、この酸が歯を溶かしてしまうのです。矯正治療を受ける時にはこの歯垢を綺麗に落とすことが非常に重要で、ブラケットの周囲を磨くのに適した歯ブラシを利用すると非常に効率よく歯磨きができます。通常の歯ブラシで歯を磨いた後に矯正治療専用の歯ブラシで仕上げ磨きをするだけで虫歯を予防することができます。

 

矯正治療を受けている間は虫歯のリスクが高くなりますが、矯正治療を終えると虫歯になるリスクを低下させることができます。矯正治療には様々なメリットがあるので、治療を受けている間の虫歯に気をつけ、しっかりと美しい歯並びを手に入れるように心がけましょう。


CONTACT

24時間診療予約