contact_fix

まつもとブログ

根管根充とはどのような状態のことをいうのか

2017年8月22日 (火)

カテゴリー:

歯科医院に通う皆様は、根管根充という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
根幹根充とは歯の神経が死んでしまった後でする治療の一つで、神経が死んでしまっている時に神経を抜いて、その神経を抜いた後にできた空洞に詰め物をして、しみないようにすることを言います。
稲城市のまつもと歯科クリニックでは根管根充を得意としていて、できるだけ痛みがないような治療をすることにしています。
神経を抜く場合には、麻酔の注射を打つ場所に事前麻酔をします。小さなガーゼに痺れ薬のようなものが染み込んでいて、それを1分間当てて、注射を打ってもあまり感じないようにするのです。
そして、麻酔の注射を打って感じないようにします。
それから神経を抜きます。そして神経を抜いた後にできた空洞に詰め物をしていきます。
その前に歯の中心をいろいろな大きさのグラインダーで穴をきれいにしていきます。とても繊細な作業なので、歯科医の腕の見せ所です。稲城市の歯医者ではそのテクニックが非常に高く、根管根充をしてもその後、歯が痛くなったりすることがほとんどなく、とてもきれいに歯の治療を受けることができるのです。
根管根充をすると被せ物をしますので、その後はレントゲンでしか中の様子を知ることができません。
根管根充とは神経を抜いた後に空洞を埋める治療なのですが、その方法でも2種類があります。一つは液状のものを詰める方法で、もう一つはガッタパーチャを入れる方法です。
ガッタパーチャは固形です。稲城市の歯医者ではその両方の治療が行われています。残念なんがら歯の神経が死んでしまって、神経を抜くことになった場合には避けて通れないのが根管根充です。
できるだけ歯は神経を抜かない方がいいのですが、運悪く神経を抜かなければならないような場合は神経を抜いて、その後で詰め物をして義歯をかぶせて虫歯の治療をします。
薬を入れて、上からフタをして被せ物をつけて歯として機能するようにするのです。
歯は神経を抜くと弱くなってしまって、治療をした後でも歯がもろくなってしまいます。
それで、できるだけ神経を抜かない治療が多くなっているのです。でも、神経を抜くことになった場合には残念ながら避けて通れないので、しっかりと神経を抜いた後の治療を受けます。
数回歯の中に薬を詰めて、それを交換してきれいにして治療をした後で、詰め物をして虫歯の治療をするのです。
歯の治療は痛いというイメージがありますが、麻酔をするので、それほど痛みを感じなくてもいいのです。


CONTACT

24時間診療予約