«  2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 根管根充とはどのような状態のことをいうのか | メイン | 歯の土台をファイバーコアにするメリット »

2017年10月11日

差し歯の治療を行ない、年月が過ぎると歯茎が変色するという現象が起こります。
もちろん治す事が可能ですが、簡単にはいきません。
何故変色してしまうかというと、歯医者で差し歯の治療をしたときに金属の土台を使用し、差し歯を入れる際に金属の粉が歯茎の中で酸化してしまうからです。
もちろん稲城市の歯医者でもそうならないように注意していますが、粉がまったく入らないようにするのは難しいです。
変色してしまった歯をきれいにすることは可能ですが、歯の中で起こっていることなので表面から治療してキレイにする事は出来ません。
稲城市の歯医者では治療する際は入れた差し歯を一度抜いて歯肉にめり込んだ金属片をレーザーかメスで排除して金属を使わずに差し歯を入れなおすという方法で行なわれます。
これだけ聞くと大掛かりな治療法だと感じるでしょうが、これ以外に方法はありません。
また、差し歯を一度取って原因を取り除いているため、一度治療をしてしまえばもう二度と変色することはないのでとても効果的な治療法です。
しかし、効果は抜群なのですが、一度入れた差し歯を抜くという治療法をするため、差し歯を支えていた歯肉に負担がかかってしまうというデメリットがあります。
そのため、治療を受けられるかどうかはその状態次第なので中には治療できないという場合もあるので注意が必要です。
また、メタルタトゥーはただ歯が変色するだけで身体に支障が出るものではなく、さらに差し歯の治療をした人に良く起こる現象です。
そのため、保険内の治療は難しいためすべて自己負担になります。
もし歯の色がどうしても気になり、自己負担でも良いから行なってほしいという人は稲城市にある歯医者に相談してみると良いです。
全ての歯医者で治療を行なっているかは分からないので、一度相談をしてみる事をおすすめします。
このように、差し歯による歯茎の変色は治療で元に戻せるかという事について紹介しました。結論は治療をきちんと受ければキレイな色に戻る事は可能です。
しかし、歯肉に負担がかかってしまうため、治療が出来るかどうかは相談してみなければわかりません。
もちろん、相談したけど歯科医師に出来ないといわれた人もいると思います。
それだけ負担がかかる治療なので出来なければあきらめたほうが良いです。
もし、差し歯の歯茎の変色で悩んでいる人がいたら、とりあえず歯医者に行って治療できるかどうかを相談してみると良いでしょう。

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
まつもと歯科クリニック 院長 松本 直人

まつもと歯科クリニック公式サイト

まつもと歯科クリニック
院長 松本直人

「治療は痛いもの」そう思っている方はいらっしゃいませんか。
そんな方も、どうぞ安心してください。当院では、できるだけ痛みを減らした治療を心がけています。
私たちが目指すのは、「家族
みんなで通える歯医者さん」。
肩ひじ張らず気軽に足を運んでいただけるよう、 丁寧な治療とリラックスできる院内環境をご用意しました。

院長略歴
平成9年
昭和大学歯学部 卒業
平成12年
昭和大学大学院歯学研究科 卒業
平成13年
いぐち歯科クリニック 勤務
平成15年
まつもと歯科クリニック 開設
所属学会
・歯内療法学会

・日本口腔インプラント学会

・日本矯正歯科学会

・日本障害者歯科学会