«  2017年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月17日

皆さんこんにちは。
稲城市矢野口の歯医者 まつもと歯科クリニックです。
今回は、喫煙と歯周病についてご説明させていただきます。

歯周病とは?
歯周病とは歯周菌によって引き起こされる病気で、その影響は歯周組織に及びます。
多くの場合、一番大きな影響を受けるのが歯茎で、ひどくなると歯が抜け落ちるほど症状が進んでしまいます。
そのため歯周病を予防したり、早期発見によって治療に励むことは非常に重要なのです。
そして最近、歯周病患者の多くが喫煙者であることがわかり、喫煙と歯周病には大きな関係があることがわかっています。
ではなぜ喫煙が歯周病を引き起こすのかについて、見ていきましょう。

原因①免疫力の低下
実のところ、歯周病にかかってしまう人は大勢います。
しかしそれに対抗するだけの力が備わっているために、症状が重くならないうちに回復できるのです。
この点で喫煙者は異なります。
喫煙は免疫力の低下を引き起こすために、歯周病が容易に悪化してしまうのです。

原因②ビタミンCの消費
喫煙すると体内のビタミンCが消費されてしまいます。
ビタミンCが少なくなるとコラーゲン組織の再生が難しくなります。
そのため歯茎を構成している組織がやせ細り、歯周病菌の影響が非常に大きく現れることになるのです。

原因③毛細血管が細くなる
タバコを吸うと毛細血管が細くなります。
体の壊れた組織を再生するための栄養素は血液によって運ばれます。
しかし毛細血管が細くなると栄養素が歯茎にまで運ばれなくなり、歯周病の治療が困難になってしまうのです。

原因④一酸化炭素が増える
体の組織を健康に保つ上で、酸素の供給は欠かすことができません。
しかしタバコを吸うと体内に一酸化炭素が充満し、酸素の供給がスムーズに行われなくなってしまうのです。
これも歯周病によって破壊された歯茎の組織の回復を遅らせる要因の一つです。

原因⑤活性酸素の生成
タバコには有害物質が含まれていますが、これが肺に入ると白血球が大量の活性酸素を放出します。
活性酸素は細胞の老化を招くものです。
そのためこれも歯周病への抵抗力を低下させ、尚且つ治療を遅らせる要因となります。

原因⑥その他の影響
歯周病が歯周病菌による歯周組織に与える病気ということを考えると、タバコの成分がエナメル質に沈着して歯に黄ばみを生じさせることは、タバコが歯周病を促しているといえます。
これによって歯が損なわれることはありませんが、見栄えに大きく影響するために注意が必要です。

原因⑦喫煙者の多くが歯周病
冒頭でも取り上げましたが、喫煙者の中には歯周病にかかっている人が大勢います。
その割合は60%以上ともいわれています。
こうしたことを考慮すると、喫煙はほどほどにしておくのがよいといえます。

2017年5月10日

皆さんこんにちは。
稲城市矢野口の歯医者 まつもと歯科クリニックです。
今回は、口臭予防についてご説明させていただきます。

まずは原因をチェック

口臭予防を行う前に、まずは口臭がなぜ生じるのかを知る必要があります。
その原因を排除すれば、口臭予防が可能となるからです。
まず覚えておきたいのが、口臭の原因のほとんどが口の中で発生する気体であるということです。
この気体は口の中で生息している嫌気性細菌によって作られます。
これらの細菌は口内に存在する唾液や血液、そして古くなった細胞た食べかすを餌とします。
そしてこれらを分解するときに硫化水素、メチルメルカプタン、そしれジメチルサルファイドという成分を作り出します。
これらが口臭となり、口から発せられるのです。

また別の原因としては、胃腸の中で作られる臭気が口から発せられるという可能性もあります。
胃腸の働きがスムーズでなければ、そこには消化されずに残っている食べ物がたくさん存在することになります。
そのような食べ物はやがて臭気を発するようになり、それが食道を伝って口から吐き出されるようになるのです。
これら二つが口臭の主な原因とされています。
ではそれらの口臭をどのようにして予防できるのかを見ていくことにしましょう。

対策①唾液を出す
まず最初にできることは、唾液の分泌量を増やすことです。
唾液には殺菌作用があるために、口内に生息する嫌気性細菌の数を少なくすることができます。
しかしいざ唾液の分泌を促すとなると、何を行えばよいのかわからないという人もおられるかもしれません。
唾液は口内を刺激することで分泌が促されますので、定期的な歯磨きやものをよく噛んで食べること、そしてガムを噛むことなどがお勧めです。

対策②舌の掃除
舌には嫌気性細菌が数多く存在します。
そのため舌の掃除を定期的に行うことでも、口臭を予防できます。
舌をきれいにする専用のブラシが販売されていますので、こうしたものを使用することができます。

対策③洗浄剤の使用
口の中を清潔にする洗浄剤があります。
このようなものも口臭予防に効果があります。
この手のものは使用に関する注意書きをよく読み、それに従うようにします。

対策④歯周病の治療
歯周ポケットに細菌が入り込み、そこから口臭が発せられることもあります。
このような場合、歯周病の治療を行わなければなりません。

対策⑤親知らずには注意
親知らずの周りには細菌が集まりすくなります。
そのため親知らず周辺をしっかりと歯磨きすることで、口臭を予防できます。

対策⑥胃腸の不調による場合
胃腸の不調が原因で口臭が発せられる場合、まずは胃腸がしっかりと働くように心がけるべきです。
そのため食生活を見直したり、しっかりとした睡眠を取るようにし、胃腸を労わるようにします。
またものをよく噛んで食べることも非常に重要です。

対策⑦病気の場合も
上記で考慮したこと以外にも、何らかの病気が原因となって口臭が発せられることがります。
そのためあまりにひどい口臭が発せられる場合は、病院へ行くべきです。

2017年5月 3日

皆さんこんにちは。
稲城市矢野口の歯医者 まつもと歯科クリニックです。
今回は、正しい歯ブラシの選び方ついてご説明させていただきます。

歯ブラシは色んなサイズや形、ブラシも色んなデザインがあるので自分に合うものを選びましょう。
歯ブラシの大きさに関しては、通常型である歯ブラシのブラシ毛部分よりも、3分の1程度小さ目なものが理想といえます。これなら奥歯部分の歯茎面においてのお手入れなどもかなりしやすくなりますので、お勧めである事には間違いがありません。
そのうえで、効果的な歯茎部分でのケアを自分の力で行う事が可能となります。
また日本人に多い八重歯や、歯並びが悪い人は複数の歯ブラシを使う必要があります。
歯と歯茎全体をブラッシングするものと、歯と歯が重なった部分は大きなブラシでは届かないので、先が細く丸くなっている小さな歯ブラシを使う、といった具合です。

また、本人が高齢者である場合には、さらなる歯ブラシ選びの工夫が必要になってきたりします。
年齢的にも入れ歯や義歯、インプラント仕様などの方が多くおられると考えられますので、それぞれに合う歯ブラシの見つけ方といったものが、システム上どうしても必要になってきます。
なるべく専門家である歯科医師の先生による指示を受けたりしながら、歯ブラシ探しや選択などに関しての判断をしていく事がとても大切です。


また歯ブラシの硬さも重要です。
よく歯ブラシには固め、普通、柔らかめ、と三段階くらいありますが、メーカーによっても多少異なりますが、硬めは歯茎から傷つく可能性があるので、普通もしくは柔らかめを選ぶと良いです。

そしてブラシの形ですが、ストレートタイプとギザギザになっているもの、また先に丸くボールがついているものなど、それは実に様々な歯ブラシがあります。

基本的に日本で売られている歯ブラシはブラシ部分が小さいものが多いです。
ブラシ部分が小さいので、奥歯の裏や届きにくいところも容易にブラッシングすることが出来ます。

アメリカやヨーロッパ圏の歯ブラシはブラシ部分が日本の2倍くらいあるので、細かいところをブラッシングしたいときに、届かないことが多いです。

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

まつもと歯科クリニック 院長 松本 直人

まつもと歯科クリニック公式サイト

まつもと歯科クリニック
院長 松本直人

「治療は痛いもの」そう思っている方はいらっしゃいませんか。
そんな方も、どうぞ安心してください。当院では、できるだけ痛みを減らした治療を心がけています。
私たちが目指すのは、「家族
みんなで通える歯医者さん」。
肩ひじ張らず気軽に足を運んでいただけるよう、 丁寧な治療とリラックスできる院内環境をご用意しました。

院長略歴
平成9年
昭和大学歯学部 卒業
平成12年
昭和大学大学院歯学研究科 卒業
平成13年
いぐち歯科クリニック 勤務
平成15年
まつもと歯科クリニック 開設
所属学会
・歯内療法学会

・日本口腔インプラント学会

・日本矯正歯科学会

・日本障害者歯科学会