2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日

2009年4月10日

赤ちゃんの歯が生えたら、受診をおススメします

小児歯科
赤ちゃんに初めて乳歯が生えてくるのは月齢6ヶ月頃からです。最初に下の前歯が生えてきてから、2歳半頃まで20本の乳歯が次々と生えてきます。

この最初の歯を大切にすることは、将来の健康のためにとても大切なことです。

また、幼いうちに虫歯の治療を行うと、お子さまが歯医者を嫌う大きな理由になってしまいます。大人でも痛いのですから、お子さまにとってはなおさらですよね。

そこで、赤ちゃんの歯が生えてきたら、パパママと一緒に最初の受診に来てください。

小児歯科では、小さなお子さまの歯の疾患や予防のご相談にお答えいたします。

健康なうちから、来てください

どこも悪くないのに歯医者に行くなんて...、と思われるかもしれません。
しかし、虫歯の治療をするだけが歯医者ではないのです。

たとえば、
・歯の状態チェック
・プロによるクリーニングとフッ素塗布
・おうちでの歯磨きやフッ素の使い方指導
・おっぱいや離乳食についての相談

など日常生活のアドバイスも行っています。お子さまの歯のことで気になったことを相談したり、楽しくお話をしたりする気持ちでかまいません。

お子さまにとって歯医者が「痛いことをするところ」になる前に、まずは一度お気軽にお越しください。

口腔外科とは

口腔外科とは

お口の中のトラブルは虫歯や歯周病だけではありません。
たとえば、親知らずが生えてきて痛むとき、口内炎などのできものや口腔内の怪我や傷...これらを診察するのが、口腔外科です。

こうした口腔内の健康は、歯の健康のために欠かせないだけでなく、食事や会話といった日常生活にも大きく影響を与えるものです。

安心して治療していただくために

安心して治療していただくために
口腔外科というと、外科的処置を行うのでコワイ...というイメージをお持ちの方も多いことでしょう。そこで、まつもと歯科クリニックでは、患者さまに安心して治療を受けていただくために、しっかりとしたご説明を行っています。

どういった治療をするのか、なぜその処置が必要なのか、患者さま自身が理解して納得した上で治療を行うことで、少しでも不安を和らげることができればと思っています。

ご相談・ご質問などを一度お話いただき、患者さまにとって一番良い治療を進めていきたいと考えています。

※口腔外科の専門医である西田紘一先生に診ていただけます。


2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日


文字サイズ
を変更する