トップへ » 診療案内 » 矯正歯科 » 矯正歯科の流れ

矯正歯科の流れ

矯正歯科は、一般的にゆっくりと時間をかけて歯列を正常な位置まで移動させるという治療です。正しい噛み合わせが得られるため、しっかりとスケジュールをたてて行います。

※ここでご紹介する治療スケジュールは一般的なものになりますので、目安として考えてください。

●歯科矯正治療が始まるまで
・初診相談
現在の歯並びについて、問題点や気になる点・お悩みなどをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・費用・期間などをお話します。

・精密検査
診断に必要な頭蓋骨全体のレントゲン・歯並びの模型・写真などを資料として撮影・制作します。
また、患者さまの状態によっては、顎関節をチェックしたり、顎の動きの機能検査なども行います。

・検査結果の説明
精密検査の結果をもとに、現在の歯列の状態とこれからの治療方針・期間・費用の詳細を説明します。

●歯科矯正治療の開始
・歯みがき指導とクリーニング
治療中に虫歯や歯周病にならないように予防処置をします。
また、すでに虫歯がある場合、矯正治療が始まる前に治療を行います。

・動的治療≪歯の移動≫約半年~3年
矯正装置の装着を行い、段階的に治療を進めていきます。
装置の装着後は3~4週間ごとで定期的に来院して様子をみながら進めていきます。
※治療期間は、患者さまの歯列の状態によって大きく異なります。
※歯みがきなどのホームケアを怠ると、その度に治療を行わなくてはなりません。
結果、矯正が長引いてしまいます。
矯正治療中は歯みがきなど、ホームケアの徹底をお願いしています。

・静的治療≪保定≫2年
動的治療を終えてから噛み合わせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかりと安定させます。


トップへ » 診療案内 » 矯正歯科 » 矯正歯科の流れ


文字サイズ
を変更する